トップ

高校生の服装をましにする方法

ここいらの高校生の服装のだらし無いダサさにはほとほと呆れ返るばかりで、あれらは未成年にすぎないのだから親と教師がどれほど愚劣かを象徴しているといえよう。

もし自分がその管理に当たるなら、先ず女の場合はミニスカで通ってきたら罰則として脚を日本刀あたりで切りつけることにすればいい。しかも全治1ヶ月とかそんなレベルの。要は、校則で体罰を合法化し、必ず被害を受ける怖さの為に、だらし無い服装できない社会にする。また町で通報があったら報奨金や粗品とひきかえにその学校出た途端チャラリはじめた糞不良女を親へ通告の上、二倍痛めつける。
 ってのは極論だろうが、竹刀で気絶する程ぶっ叩くくらいなら一つの方法だ。出来のいいのは別だが、悪いのは本気で馬鹿すぎる知能を遺伝しているから痛めつけないとやめない。後遺症で人前に出れないほど爛れた傷だらけの痛めつけられた女がでてくればこの服装教育は成功だ。自業自得だし、そもそもミニスカ高校生など馬鹿さ以外なにひとつ意味がないので死ねばいいのだ。
そんなのは島中に腐るほどあふれていてめずらしくもないし、生かしておこうと100%迷惑しかない。自分の洞察では。そういうのが最低辺暴走族の屑とくっつくとすぐ殖えるし邪魔なので腐女子級に絶滅していい。
恐怖のあまり今度は昔のスケバン刑事みたいにロングスカートで来るだろうが。まことに阿呆な高校生である。この世が不満なら短歌でも詠んでろ。

で、男が囚人ファッションのまねして腰パンしてたら、これを人前で引きずり落ろすと同時にそのズボンをどぶに捨てるのを校則として導入する。が男の場合は野蛮すぎてこれでも構わない種類の野猿みたいのがいる危険性がある。
ので、腰パンしてる男については捨てたズボンの代わりに「赤ふんどし」を与えればいい。さらにはこれでも反省しなければ頭を丸刈りの刑だ。金太郎ルックで通学してたら逮捕されるかもしれないが。
しかしズボンを下げるくらいズボンがいらないのだろうから当然の憂き目。そうすると盗んだバイクで走り出し兼ねないが、こういう手合いは早死にするだけだし、警察ががっちりしてれば勝手に腐ったヤンキー暮らしの前後で監獄か墓場に入るゆえ放っておいていいし、ギャンブルで日々税収奪えるからむしろ好都合だ。町の風紀悪化へは若い有志による市警を配備すれば防衛訓練にもなる。

 ただ、自分の見る目が正しければあの高校生の内「ましな方のグループ」には決してこういうみせしめの行いをしてはいけない。そうすると元が素直な者がひねくれたり、うらみをもったりするにちがいない。
体罰は相手をえらびにえらんで、最低最悪の非行人物(つまり事実上の未成年犯罪常習者)だけに限定して用いるべきなのだ。一般社会でも刑罰というものがこういうしくみな様にだ。


追記・もちろん、ここにかかれているのは冗談だが、だらしない服装が反抗文化の目的だとすればそれを「内面化」させる方が徳があるのはたしかと思う。ああやって無駄に時間をつかわせるより、あの段階では抑えつけておいて様々な文化的昇華ヘ羽ばたかせる方がまだいい。特に穢土東京に近いので高校時代に徹底したマナー項目を叩き込まれていないとすぐあっち系へ頽落しかねないのだ。
イギリスの、特にラグビー校系の高校生はこういう風に寮生活で鍛えられてるからいざという時の馬力がすごい。もちろん裏を返せば抑圧された若者時代というわけでそれが最高に理想的とはおもえないが、少なくとも自力で専用の家庭教師を雇えないくらいの財産規模の民衆層では、みていればそっちのほうがよい結果を出す可能性が高い。鍛えられるという意味をともなう『教育』は孟子に由来し、意欲をひきだすという意味の啓発は孔子に由来しているが、できのいい方は啓発、あまりよくない方は教育で行ったほうがいいみたいだ。
日本は兵役がないので、少し校風がきびしすぎるくらいでないと底なしの穢土人種みたく軽薄な方へ歪んでしまうということだ。旧制高校への批判はそれが保守的文化人をはぐくむ副作用をもったというところにあるが、重要なのは「進歩側」への成員をどれだけうみだすか、ということだ。あれらの人間が進歩的な人物になるかといえばなる確率はないと言える。
自由な校風は一定水準の知的啓発が前提になるのであり、全員が入れる学校では無理とかんがえたほうがいい。要するに本質から言ってエリート校でしか自由は謳歌できない。それは途上国からみれば日本の学生は全員が選良みたいなものなのとにている。そしてかれらは「最低水準をあげる」時点にいるのだ。
[PR]

by smartestone | 2010-10-06 13:11 | 経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamomenome.exblog.jp/tb/12036083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。