トップ

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


図書館の栞

図書館の受付で、前まで必ずいい感じのイラスト入った栞がもらえてたのだが、なぜかハイテクぶってなんの変哲もないレシートになってしまった。文化の退化が機械化に伴って起こった例だと思う。すばらしい工芸だったのに。がっかりする。
[PR]

by smartestone | 2010-08-31 23:59 | 経済 | Trackback | Comments(0)

財政の可否

いつまで祭りは行政主導でやるのかしらないが、ある経済学者のいうところでは、「基盤施設」以外への公共投資はその社会を次第に貧しくしていく。たくわえがきかないから。お祭りはやってしまえばおしまいだ。

もし冷静にみれば、さっさと民間委託しなくてはいけない。さもないと近いうちにこの市の財政破綻は中央政府より先に来るだろう。そんな悪評欲しい市民はいない。
[PR]

by smartestone | 2010-08-31 23:34 | 政治 | Trackback | Comments(0)

イワキの対処策

イワキはなんとなく女が多い。だからそこにうろつく男もどっちかといえば女っぽいというより女々しい傾向が強い。第一の原因は、首都圏や福島市へ出稼ぎに出てしまうので、地元には女しか残らないのではないか。さらに、なぜかはしらんが中国人女がかなりいる。(どういう理由でか集団による移入が起きているのだろう。)

あのキタナイ商売はこれらの事情が大きいと思われる。女が過剰にいるので、そのあぶれどもが放っておくと勝手にああいう界隈に落ちぶれる意識もなくおちぶれるのだろう。結論を言えば、この女過剰の社会というのは全然のぞましい状況ではない、というか害毒である、というわけだ。故事にいうごとく牝鶏晨する社会は明らかに没落期に入っている。あの漫画しか売ってないラトブ本屋のサイアクの市場文化状況をみれば遠からずおちぶれるのは間違いない。

 きたいばとしていえるのは、イワキとの連携より日立とのそれの方がずっと優先度が高い。イワキはろくでもない、と言ってしまってもまあいい。没落中の社会に関われば関わるほどわるくなる。この事情は、説教しようがイワキ市議会が迅速に反応をみせないところをみると、女の論理(つまり理屈でなく感情論だ)の方が力がつよいと思われ、そういう社会には何を言ってもまったく受け付けない。勝手に自業自得でおちぶれさせた方が楽だ。

但し、日立も女性建築家が出たりしてるので油断はできない。とかく女が活躍しはじめた社会は中世京都の様にかならず退廃のきざしに入る。ただ日立そのものでおもに活躍してるんではないからまだいいが。

どの様な手段をつかってもいい。イワキとの行政連携はできる限り断つべき。さもないと必ず足を引っ張られるし、ああいうキタナさの被害をうけるだろう。現市長は広域連携とかしようとしてるみたいだから最大の批判と注意が要る。
[PR]

by smartestone | 2010-08-28 23:06 | 政治 | Trackback | Comments(0)

情報隔離より災害情報の備えがいるでしょうに

情報隔離=悪、ゆえに是正しなければならない、みたいな論理は魔法っぽい。

情報という言葉自体、information(inform:形を中に ate:与える ion:こと)の翻訳語として適切か疑問だし、あまり有効でない。結論を言えば情報隔離など余りかまわないばかりか寧ろ希少価値で上な気がする。誰だって首都圏の情報漬けのいなかなんか帰りたくも行きたくもない。いなかはいなかでいてほしいしその方がいい。

但し、大衆報道(マスコミ)のみが主要情報源という状態はまずい。デマに流され易いからだ。
 思うに行政の義務は、この「正確な必須報道」の分に限られるのではないか? ひたちで災害しらせる市営ラジオ機を配ってるらしいけど、あれがこの目的に最もかなうところある。ネットは庶民に与えるとすぐ悪用されやすく、望ましくない。無用か害毒でしかない情報、というのの悪影響の方がおそるべきことだ。
(この意味でわざわざ市で光ケーブル通してどんどんトウキョウ系の邪悪な映像やらネット虐めスポットやら諸々を流したいなら、なにより先にフィルタリングの義務を啓発せねばならない。はっきり言ってインターネットはまだ無法地帯なので地獄の様になんでもある。だからインターネットでわるい情報に触れて犯罪にかかわる市民も多数出るだろう。あとついでに思ったが、市でケータイにフィルタリングしてない親がいるばあい、これもネットに接続してさまざまなあしき情報をこどもが得たり発信しているのはまちがいないので、この親を管理不届きで罰金と状況が酷いときは数年以上の懲役で罰するべきだ。この危惧のほうが高速の大量な動画などの需要開発よりはるかに優先すべき。)

で同じ億単位つかうならひたちの実例に倣うほうが、災害時での緊急連絡や市の必須情報を与える面でも優先度が高かったと思う。民業圧迫という観点も幾分かある。あまりに金額をあてすぎなのはまちがいない。もし津波や大地震がきて、一時的にデマがとんだとかこういう時点で電気通信や電線に依存するネットはつかえなくなるのを知らねばならない。正論すぎて笑えないが、猛暑なのでゆるせ。どうでもいいが、すべての路面を透水性のいい芝生にしたら涼しくなると思うが夢だろうか? これから先、もし浮く車とか廃止道路とか出てきたら試してほしい。草場が比較的涼しいのは光合成と蒸散でその上部の気温が数度下がるからだ。アスファルトの黒っぽい路面は勘弁してほしいし、だれが発明したかしらんがむしむしする日本風土に合ってない。即刻廃止を求める。
[PR]

by smartestone | 2010-08-25 20:29 | 政治 | Trackback | Comments(0)

サーファーが発見したという話

あまりしられてないみたいだが、中郷のうみべに死体が流れ着いてた(日曜に、まつりのかげで)みたいなニュースをきのうのいばしんでよんだ。身元はしれたのだろうか? 年齢はおばあさんだと報道されてたが長く流されてたとしたら真相はわからない。
[PR]

by smartestone | 2010-08-25 12:21 | 経済 | Trackback | Comments(0)

空中歩道計画(仮)

さっきおもいついたのでしたが、国道ってか自動車道をバイパス化するより、歩道をいわゆるペデストリアンデッキ(要は空中歩道だ)として海と空に開いてった方がよくなるきがした。ただし、この考えは地上レベルがどうなるのかな、って感じだ。海浜のじべたに住んでる人たちは高架がばんばんできちゃうとあんまり家の周りがいい環境になるとはおもえない。

もし温暖化で南極大陸の氷がとけだすから海岸線をいまよりひっこめなくてはならないってのが治水の前提としてあるなら、すくなくともこの空中歩道の拡幅とかのがまだいい気がする。

たとえば大磯という神奈川の海岸にいってみるとわかるが、浜辺のすぐそばまでデカイ自動車道が通ってくると海岸線はあんまり綺麗じゃなくなる。なんとなくじめじめとして日が当たらなくなるからだと思う。
それなら小回りのきく空中歩道をちょこちょこと設けて国道をまたぐ、くらいのがまだいい。それなら大部分は人の手が入らない状態を維持できるだろうし。ただバリアフリー化ゆえある程度の長さの傾斜路はいるきがするけど折り返せば問題ない。

現物みたことがないのだが、鹿島の神栖あたりに大規模な海岸散歩用の歩道がつくられてるらしい、木造りだったっぽいのを写真でみた。ことしのいばしんのどっかにのってた写真だった。あれが多少参考になる感じ。いわゆる防風林の松林の上を走ってるみたいなものだった。
[PR]

by smartestone | 2010-08-21 12:30 | 政治 | Trackback | Comments(0)

雨情の黄金虫は純正な黄金虫である(地元人談)

ウィキペディアでごきぶりの欄にいそはら辺で黄金虫はごきぶりだ説が流布されてるが、聞いた話がないので誤りだと思う。そもそもごきぶりなんて生き物を見たことがなかったし、それは昔から蔵のあった家でもそうみたいだ。近代化した時に常磐線を北上してきたのだと思う。この10年の間にとつぜん現れるようになった。

雨情は黄金虫のあの玉虫色からシンプルに童謡のイメージをひきだしたのだと思う。それは今よりさらに素朴だった時代の町を知ってれば確信できることだ。本物の黄金虫なら身近にいた。ごきぶりなんていう意味不明な南から来たろう熱帯産の生き物はどこにいるのかも知らなかった。少なくとも地元人の自分はそうだ。

こういう俗説は初期に批判しておかないといずれ広まる。おそるべきことだ。市民は雨情生家にといあわせてみてほしい。矢島稔さん(江戸人)とかいう在命中の昆虫好きが勝手にこの説を広めているらしいのをほぼ日で確認した。ありえない話だ、無責任にも程がある。方言でもごきぶりなんかを黄金虫なぞとまるでありえなく言う話は地元人のひとりとしてきいたはなしがないのだ。黄金虫は黄金虫である。さもなくばあんな童謡ができるか。南蛮虫などもっと殺伐とした生物でぜんぜん親しめない。栃木の商家ではそう言ってたとか書いてあるのもたいてい俗説だろう。これだからウィキペディアは信用しがたい。
[PR]

by smartestone | 2010-08-20 18:32 | 経済 | Trackback | Comments(0)

まちにはびこる汚い商売

クソきたいば女(なぜこういえるかというと、少しも高級でないから)がイワキあたりの穢れのまねしだしか知らんがエステとかはじめている。だから言ったのに。先ず駅前のマンションの英国式マッサージとかなんちゃらの看板を撤去せよ、次にクソエステとやらをつぶせ。

見た目を気にするより先にその腐った発情精神をたたきなおせと思う。夏休みなのでクソ高校生が来ないのだけ今の救いだが、まちで発情しかしないキタコー級の市民があっという間に幼児虐待に進むのもクソエステとかろくでもない業種を放置した業だ。居酒屋もやたら多いが誰が行っている? 酒でうさばらしするより学問で身を立てろ。修道女になれ。
[PR]

by smartestone | 2010-08-19 12:18 | 経済 | Trackback | Comments(0)

緊急性の高い行政検疫

二億とか四千万とかをホイホイ「有効需要(=購買力平価に還元される需要喚起=民間への行政権からの投資)」率を考えずにつかいまくる脳髄抜けた市なので、いまさらながらだが、企業でいう外部監査のかわりに『行政費用診断士』みたいな制度をつくり、副市長(女性だから経済観念=損得勘定はあるだろう、という楽観予測に頼り切らず)の提出した行革案を費用面から客観的かつ公開されるデータの上で絶えず診断してもらうのがいい。これがないと、これまでみたいな経済効果とは無関係な衰退美化みたいな、しかもアホ高生のたまり場なうえ光合成吸熱効果のないコンクリ埋め公園とかに市税がばんばん使われてしまう。

おもに筑波から仙台間、遠くても栃木圏内にいる中小企業診断士とかの資格をもつ、研究所系の人物を議会で精査のすえ選び抜き、その行政予算の健全性診断をしてもらう方がいい。それほど遠くなくこの市の財政もいま国会でやんややってるレベルの大規模な陥没が明らかになる。ばらまきじゃないが、談合用のコンクリ系予算か意味不明なさきばしった光ファイバー幹線にウン億つかっても痛みどころか罪すら感じないのは、独裁者よろしくこの経費感覚が麻痺しているに等しい。麻生首相みたいなもので、百円稼ぐのがどれほど難しい仕事かも理解できないんだと思う。やはり育ちみたいなものがある。経済感覚のない首長は、今後の衰退市場下ではすこしも貴べない。いつ負けても文句はいえないのだ。

中国人富豪が観光まぎれに大金を落としまくるのを大口あいて眺めてる、みたいな方法論(いっちゃわるいがこれが県の現状の行政方法論だ。経済学面では正しいのだが、文化的にはどうか?)だけではいずれこの地域も中国化して終わる。いまの中国はとんでもないくにでぜんぜん尊重できないのはまともな判断をもってれば理解できよう。
 やはりさきごろのイングランドあたりの事情、あきらかに産業というか市場競争面での衰退はまぬがれてないが、文化や学術での名分から一定以上のpresenceを保つ、これしかこの規模の中小市に行政発展の道はないだろう。

はぎ○ろの人気取りぶりっこをみてると、あれはあれで問題がある。衆愚にこびてもはした金しかこない。そうではなく、長期的展開を考慮した文化学術的質を底辺レベルから高めつづけるほうがいい。じかには妹島和世氏みたいな一流の文化人を多数輩出する、といったところが目標だ。ほかの雑魚はふみつぶすしかない。ミニスカ高生とか。笑いものにすらならないし、そんなレベルのくずは穢土にいけば山ほど浮浪していてめずらしくもない。
[PR]

by smartestone | 2010-08-16 12:43 | 政治 | Trackback | Comments(0)

ほらね。だから言ったのに

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100816-00000502-san-soci

>男女の違いを尊重した教育は、学力アップの効果が高いことなどが「第1回男女別学教育シンポジウム」=写真=で報告された。

> 「日本男女別学教育研究会」(中井俊已代表)の主催で、私立校などが協力。10日に東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷(私学会館)で初めて開かれた。

> 基調講演した中井代表によると、10年前と比べると私立男子高は約4割、女子高は約3割減るなど私立中高などの共学化が進んでいる。一方で開成、灘、桜蔭といった東大合格者の多い学校の9割が男女別学という


↑こういうわけでこの市の崩壊教育の理由も十分理解できることだ。なにしろサブカルの発情モノばっかあふれさせ一切の教養から隔離した上で、発情させまくる=底辺高校の無自覚なうえできそこない就職組み放置、が絶望実現型教育とかほざいて放置されてる教育状態なのだから。わらえる。
さっさと別棟へ発情しかできないクソ子孫どもを隔離するか、さもなくば女は全員茨キリへ委託して全面的に男子校にするがいい。とくにこの辺の女はミニスカ高と呼べるほどろくでもない。しねばいいのにとしか思えないし、きえてくれるほどよい。まったくまともな理性がない人間のクズなのだ。これがうそだとおもうならあの底辺高のミニスカ女の携帯電話とカバンの中身をしらべてみればいい。頭の中身が知れようというもの! 人というよりサルだ、なぜサルがまちへおりてきてるんだ? 学問しに高等教育の場へはいりこみながら発情しかしないゴミ娘(ネアンデルタール?)など山奥へかえればこんなに非難はされまい。住む場所と血筋をまちがえたのだ。
[PR]

by smartestone | 2010-08-16 06:11 | 経済 | Trackback | Comments(0)