トップ

<   2012年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


擬似永久機関による発電(新聞記事からの引用)

d0175562_3513671.jpg

[PR]

by smartestone | 2012-09-30 03:52 | 学術論 | Trackback | Comments(0)

ダウンロード刑事罰の忌避

ダウンロードの刑事罰実施は、茨城県では最大限、おこなわない方がいい。
 これは過去の人類史で「先端技術」分野をおくれた思想をもった国家権力が弾圧したばあい、その国が後進化してしまったから *1)。
*1) プロテスタントとむすびついた毛織物産業者を駆逐したスペインやフランス、ユダヤ人とむすびついた科学者や資本家を放逐したドイツがそれにあたるか。
参考URL http://www.systemicsarchive.com/ja/a/hegemony.html


 刑事罰という国家権力による事実上の検閲で潜在的・顕在的抑圧がおこり、インターネットをとおした通信の秘密がこわされ、結果、全体からみればごく少数の音楽・映画業者の利権のためだけに先端技術への適応がおくれがちになるだろう。単に民事罰のままにしておけば権力が最小しか介在しなかったはずで、こういった少数者にとっても容易に個別賠償請求できるから公費を無駄につかわないですみおおきくみて合理的なばかりか、情報の後進化にはつながらなかったろう。
 ダウンロード違法化はこうして、国家にとって害がおおきい悪法とよべるが、県警というレベルでこれをできるかぎりもちいない様に工夫することで、県内の情報産業がほかよりまさる誘因をもてるだろう。
[PR]

by smartestone | 2012-09-29 23:32 | 政治論 | Trackback | Comments(0)

意見

監督に脚本の才があるようにはみえないから、documentaryとおなじで「撮影のみ」に監督をつかい、専用のひとへ脚本は依頼すべきかも。過去の作品の質から。
[PR]

by smartestone | 2012-09-27 07:00 | 経済論 | Comments(0)

天心役

天心役へふつうに佐藤健とかつかってほしい。
http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201209220005.html
によると、映画『るろうに剣心』で興行収入25億円突破、動員200万人をこえるらしい。

 そういう時代感覚がないというのは致命的なきがする。
 監督をえらんだ人が市役所のどこにいるのか、市長自身なのかわからないが、映画界であれ芸能界であれ人材をみぬく目をもっていない人がえらんでいるとしたらどうしようもない。
 映画はモノとして永遠にのこる可能性があるから本当に下手なことしてほしくないのだが。しかも市の名義でやられると、全員が被害うけるから迷惑きわまりない。気味のわるいすじがきを、格好わるい人材やひどい暴力や退廃のてらいでもって糊塗されるきがする。市税で、というわけでほんとうにすくえない。関係ないひとにまで、偏見にみちた退廃的な映画をつくって迷惑かけるのはほんとうにまちがえている。
[PR]

by smartestone | 2012-09-22 23:01 | 経済論 | Trackback | Comments(0)

いじめをとめる理論

 いじめはほまれとたがいに反するむきで、もしその作用をおさえたければ、ほまれをあたえればよいことになる。
 これはよわいものいじめ、つまりscape goatingが喜劇の作用なのに対して、ほまれをあたえるいけにえの作用が悲劇なのと類比できる。『水戸黄門』は公権力による喜劇作用の浄化であり、これは勧善懲悪とよばれる。それはentropyのたかい集団の最大の情報者としてのあらくれものを退治し、その集団のみだれをまわりにとっていごごちよくおさえるから。くらべて、悲劇は徳川慶喜がもっとも類型にあてはまる。例えば『徳川慶喜の英略』の様、きわめてすぐれたほまれだかい人物が当然そうあるべきところへまつりあげられることなく、悲運にめぐまれたとき最大の同情がおこる。これは集団にとってもともと公益をあたえる負のentropyの情報者を集団にとって適切に処理できなかったことへ後悔と残念さ、惻隠の情、しのびなさ、同情のなみだ、つまり武士の情けをあたえるから。そしてこれは劇作用としては、ひどい混沌でよごれているひとびとにとっての浄化になる。
 たとえば『トムとジェリー』や『ドラえもん』は混沌をおさめる喜劇で、Jesusという救世主の受難を伝道するはなしである『新約聖書』や『平家物語』「敦盛最期」で熊谷直実の出家した経緯は秩序をひろめる悲劇といえる。
 このうち、学校という劇場でいじめがおこなわれがちになるのは、喜劇作用がつねに集団におこりがちになっているから。いわばあれていればいるほど、そのクラスには最大の情報量をもつ者が排除されやすい環境が自生的にできあがる。社会集団を維持する方法として人類が祖先からうけついだ作用が劇なのだろう。だから、こういったあれたクラスを再生させるためにはきわめてたかい秩序をつねに生じさせればいいことになる。たとえば先生が優等生をつねに褒章しつづける。そうするとこの人物へのほまれをあたえることの方がおなじ恒常性をもつ集団維持にとって効率がよくなるので、いじめはやむはずだ。逆にだれもほめないばかりかしかること、つまりいじめを禁止したまま集団の個々の情報源である個人間を平等にしようとしていると、entropyは自然に増大するからかならず時間とともにふたたびクラスはあれはじめ、かえっていじめをおこなっている段階より集団維持そのものはむずかしくなるはず。
[PR]

by smartestone | 2012-09-22 01:42 | 学術論 | Trackback | Comments(0)

社会学

定義: 知能の地域偏差

命題: 学力指標は後天的教育によるが、それをはげましやすい文化および気候環境があり、またとびぬけた秀才はこの地域によらず出現し、うまれつきの平均した知能のたかさは特定の地域にかたよってある。
 日本ではめだってNobel賞が話題にあがりやすかったが、その授与率は出身者の地域と国際学力testや地頭(一般知能)に有意な相関がないのでおもに英語圏に依存した個人への特定の贔屓ひいき目で、地域の知能偏差と関係していない。

証明:
PISAとTIMSSという国際学力testは、
PISA: 活用
TIMSS: 知識
と類比できそう。
 PISA調査(Programme for International Student Assessment)は
http://www.intweb.co.jp/teian/PISAtoha.htm より
「学校の教科で扱われる知識の習得を超えた部分まで評価しようとする」が
TIMSS調査(Trends in International Mathematics and Science Study)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%95%B0%E5%AD%A6%E3%83%BB%E7%90%86%E7%A7%91%E6%95%99%E8%82%B2%E8%AA%BF%E6%9F%BB
は、おそらく数学・法則の基礎にかかわる習得度の方があてはまるだろうから。

 PISATIMSSをくらべると、PISAとTIMSSの成績には差がある。最近のTIMSS2007とPISA2009上位を「地頭」にちかいとおもわれる順にTIMSS成績分のPISA成績(TIMSS\PISA)にならべかえると、
TIMSS2007の算数4年・中学2年・小学4年・中学2年の平均順に、
1. シンガポール 2346/4=586.5
2. 台湾 2292/4=573
3. 香港 2263/4=565.75
4. 日本 2240/4=560
かつ
PISA2009 数学的literacy+読解力+科学的literacyの平均順は、
1. 香港 1637/3≒545.67
2. シンガポール(1630/3)≒543.33
3. 日本 1588/3≒529.33
4. 台湾 (1558/3)≒519.33

ただしPISA2009、台湾の読解力495 科学的literacy520
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/12/07/1284443_01.pdf

また韓国は中学2年相当の数学と理科のみしか指標がないが、それのみで計算すると
http://www.nier.go.jp/timss/2007/gaiyou2007.pdf
TIMSS2007
韓国 (597+553)/2=575
PISA2009
韓国 1623/3=541
よって、TIMSS2007\PISA2009は
541/575=0.9408...=0.94=94%

よって、PISA2009の平均分のTIMSS2007の平均の百分率は、
1. 香港 565.7\(1637/3)≒565.7\545.67=0.9645...=0.96=96%
2. 日本 560\(1588/3)≒560\529.33=0.9452...=0.95=95%
3. 韓国 575\(1623/3)≒575\541=0.9408...=0.94=94%
4. シンガポール 586.5\(1630/3)≒586.5\543.33=0.9263...=0.93=93%
5. 台湾 573\(1558/3)≒573\519.33=0.9063...=0.90=90%

 この最後のPISAの平均分のTIMSSの平均の百分率指標がおそらく 国際学力test(知識\活用比率) をしめす。いわばおなじ学習量であってもそれをつかえるわりあいとしての、地頭のよしあしをよりくわしくあらわすとおもわれる。脳の比喩としてのcomputerでいうとCPUの性能にあたるか。

 フィンランド、イングランド(イギリス)という教育上理想視されがちな国はこの指標によるとうえにだしたくによりかわった特徴をしめす。
http://www.nier.go.jp/timss/2007/gaiyou2007.pdf
をもとにおなじく計算すると、
TIMSS2007 
イングランド 2138/4=534.5
PISA2009
イングランド 1500/3=500
よって、TIMSS2007\PISA2009は
500/534.5=0.9354...=0.94=94%
つまり、イギリス(イングランド)は成績そのものはかなりひくいが、地頭だけでいえば国際的な上位にはいることになる。
 フィンランドは1999年の調査以降参加しなかったらしいが、そのときの調査と、もっとも近い年度の2000年PISAをもとに指標をだすと、
http://www.nier.go.jp/kiso/timss/1999/gaiyou1999.pdf
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/index28.htm
TIMSS1999
フィンランド 中学理科535 中学数学520 (535+535)/2=527.5 
PISA2009
フィンランド 1620/3=540
よって、TIMSS1999\PISA2009は
540/527.5=1.0236...=1.02=102%
なので、地頭のよさが圧倒的にたかいことになる。

 これらの国々を上記の指標へ編入すると、
1. フィンランド 102%
2. 香港 96%
3. 日本 95%
4. 韓国 94.08%
5. イギリス(イングランド) 94%
6. シンガポール 93%
7. 台湾 90%
となる。

 つまり、イギリスをふくめ、フィンランドにもっとも顕著なのは「もとの素質」とおもわれる生得的知能の可能性がある。

http://libfuture.web.fc2.com/pdf/finlandkyouiku.pdf
http://www.finland2.com/education01.html によると、
図書館の利用頻度(趣味としての読書のために本を借りる) (%)と図書館の利用頻度(趣味としての読書のために本を借りる) (%)の比率が日本よりフィンランドはたかく、またフィンランド人は、大人も子供もよく本を読みます。小さな子供への読み聞かせもさかんです。自治体の図書館の他に、大学や研究機関の図書館も広く国民に開放されていて、車を利用した移動図書館を含めると全国に1,000以上の図書館があります。80%以上の国民が月に一度以上図書館へ行き、年20冊以上の本やCDを借りており、国民一人当たりの図書館利用率は世界一です。
(2001年フィンランド教育省資料)

といわれているらしく、国民が読書を趣味にしているふしがある。しかし、
http://todo-ran.com/t/kiji/14250 都道府県別の図書館利用者数
http://todo-ran.com/t/kiji/12090 全国学力テスト
http://todo-ran.com/t/kiji/12102 全国学力テスト(活用/知識の比率)
によると、日本国内の指標で、図書館利用率の学力テストとの相関はつよくない。
上にだした
http://libfuture.web.fc2.com/pdf/finlandkyouiku.pdf
という資料の 6. 趣味で読書すると学力が上がるか のdataにも、毎日の「趣味としての読書」時間と総合読解力得点はそれをまったくしない生徒の成績のわるさをのぞけば有意に相関がなく(本を趣味で毎日よまない生徒はかならず極端に成績がわるい)、
国立教育研究所は、「日本の生徒は趣味として読書をしなくても、読解力の得点が高いことがわかる」とだけコメントしている。

とある。だから、なおさら上記の指標は、生後の学習によっていないうまれつきの知能の差をしめしている可能性がある。
 そしてこの有意な差は、
http://todo-ran.com/t/kiji/12102 同、全国学力テスト(活用/知識の比率)
にもみられるそのもので、科学上IQ(知能指数)がかなり以前に提出されているが、おなじことがらを国際社会でもしめしているかもしれない。
 もし将来、よりくわしく、生後に幼少期のあいだおかれた社会環境におおきく依存していることがわかるかもしれない。だから優生学におちいるのは危険だが、たとえば国内で学力の上位地域に教育資本がめぐまれているかは
http://todo-ran.com/t/kiji/14250 図書館利用者数
http://todo-ran.com/t/kiji/14230 図書館数
をみるかぎりたしかとはおもわれない。
http://todo-ran.com/t/kiji/14730 小中学生学校外学習率
http://todo-ran.com/t/kiji/14737 小中学生通塾率
にもそれほど有意に相関があるわけではなく、「学校外学習」を通塾させられるのではなくおこなっている地域、に学力testの上位県や地頭のよい人々がより多い可能性がある程度といえる。いわば子どもが自分から学習する意欲をもちやすい地域の気候をふくむ文化か、一帯の遺伝があるのだろう。
 そこで、学力・地頭で最上位県は北ぐにでしかも日照時間がすくない日本海側にかたまっている傾向もいくらかあって、外出をする動機づけがすくない分だけ教育環境的な可能性はすてきれず、遺伝された生得的知能のみの問題ではないと反論があるかもしれない。しかし、この前者の教育環境が日照条件のみという問題ではないことは、上記の国際学力testの分析で上位国家が東Asiaの日照率のたかい場所ゆえ、否定される。最後に限定された後天的要因とかんがえられるのは「教育をはげます環境」ということになり、孟母三遷のいいつたえと一致するところにおちつく。

 また、
http://www.youtube.com/watch?v=Hw-15G3CNqE
茂木健一郎氏 知性とは何か
で茂木氏によれば、
「一般知性としてのIQ」は幼少期に遺伝との相関が50~60%、思春期にIQの数値として10~20%ほど変動し、としをとると遺伝との相関は80%にあがるという研究がある
(IQ: 知能指数。年齢分の精神年齢百分率)

らしい。これが真ならば、老成後の知能も大部分教育の成果をふくむわかいころのそれに相関していると定義できる。かつ
国別のノーベル賞受賞者 (ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%88%A5%E3%81%AE%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85#.E3.81.AF.E8.A1.8C
によると、国別のNobel賞受賞者数と、上述の国際学力testならびに、そこからみちびける地頭(一般知能、脳のCPU性能をしめす)の比率は英語圏の受賞者数がおそらく国際語という優位性のために圧倒的に多い(英語は論文照査で贔屓されがちらしい)ほかほとんど有意な相関がなく、
http://kamomenome.exblog.jp/16752474/ あたまをよくする方法 でも分析したが「地域の平均」としての学力や地頭ととびぬけた秀才の出現率には相関がない。つまりこの賞の受賞者数はあたられかたにある公平とはいえないかたよりをもっていて、個人として英語圏にちかしい極端な変異へのえりごのみをしめすにとどまり、国際賞としてめだつ分だけ特にわけもなくめやすにされる機会にくらべれば精確な地域別の学力やあたまのよさの指標ではなさそうといえる。人類の公的統計機関ではなく、単に一財閥に由来した一国の大学組織(スウェーデンの特定の人々)がおこなっているのをかえりみるべきだろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E
 よって、冒頭にかいた結論がみちびける: 証明おわり。
[PR]

by smartestone | 2012-09-21 18:19 | 学術論 | Trackback | Comments(0)

秋田のmission schoolの必要性

秋田県の自殺率のたかさと抜群の学力の反比例関係をみかえすと、以下の文面で自殺を禁じるキリスト教系の学校、mission schoolによってわるい面をなおし、よい面だけをとれるだろう。

人は、たとえ全世界を得ても、おのれのいのちを損じたらなんの得がありましょう。
『新約聖書』マタイ16: 26

 こういった学校を複数立地させ、浸透させるのがあたまのよさを生かす点からよい結果を日本そのものや人類へももたらすだろう。茨城キリスト教大学も姉妹校を秋田県にもっていくべきかもしれない。

追記: もうひとつ、いえるのは「フィットネスクラブ」がつかえること。これを沢山つくれば、日照時間が日本で一番ひくいのでガンや脳梗塞の死亡率や自殺率がたかいのを室内運動での健康性や快活の回復によって改善しやすくなるだろう。むしろこの方が有効で、重要かもしれない。
[PR]

by smartestone | 2012-09-20 20:58 | 政治論 | Trackback | Comments(0)

社会学

 福祉思想の社会型は構造的弱者をつくる、というはなしがある。

 がこれによって文化的niche; すきま、種や生態、人間生活のなかに自然状態ではありえないなんらかのあたらしいすがたをつくりだす点もある。社会Darwinismでは身体障害とされる特徴は積極的に除去されてしまうが、もし多数派のいる環境が激変しこの以前の不都合がかえって合理になったら? 近眼という草原や狩猟では不都合な形質を、近代生活が知的活動へ応用した例がある。不健康ないわば弱者とおもわれるものは弱者ではなく、単に多数派とはことなる特徴でしかないかも。

 当時の社会状況を絶対視できない。だから完全な勝手思想: libertarianismでの自然状態へのちかづきすぎは、社会のよさとははなれるかも。

 この福祉と勝手の両極をかえりみると、「中道のほど」が社会思想へ命題的なのがわかる。
 勝手思想側のおもな理念は同類・同国・同種間での競争を正当化する弱肉強食の肯定が、Darwinの自然社会への分析にあったことからひいて、これを人間の世代間関係へあてる点にある。特にEnglandではNorman征服以来侵略がおきなかったので、その王と議会支配率による階級がこの道理に正統性をあたえている。Americaはこの植民地での応用型で、経済力による生存闘争を社会化しようとした。この2つの社会はいまの人類では優勢をたもっている様にみえるが、実際に変化への適応性がたかいかはさだかではない。
 Darwinismが人間界で当面の社会状況に弱者とみなし除去しようとしたのは、当時の社会で多数派に都合のわるい特徴でしかなかった。いじめという作用もここからうまれてきたのかも。恐竜がかつてジャイアニズムだったのとおなじか。
 もしうえにかいたとおり福祉; つまり財政的な富の調整やそこからくる利他的態度によって社会の人間に多様性、さまざまさ、あるいは当時の社会での主要な経済集団からみれば特殊だがある特徴をもった生態がうまれはぐくまれるとしたら、そちらの方がおそらく環境変化へ将来性がある。と同時に、勿論自由経済のもとでしか(公共基盤ではなく、私的な)生産活動が効率化しなかった歴史がある*1)。人類が未曾有の大量絶滅をおこすかわからないので、人間の経済や階級に依存しない多様性も重視しながら、同時に適切な自由市場をいとなんでいることがいまのところ、最善の選択肢かとおもわれる。
*1) 社会学 http://kamomenome.exblog.jp/16673488/

 ではどれほどの中道さがのぞましいか。これは状況によっているので、社会集団がそのばで判断するしかない。

 いまの政策で、小泉・竹中両氏による自由競争化のあおりは奴隷的な労働者を派遣社員や非正規社員の制度的肯定でつくりだした。また菅氏や経団連が圧力をかけて推進しているTPPは同様の勝手にもとづいているととらえていい。比べて、小沢氏の重農さや社会民主党の福祉への志向は文化すきまをつくりだすはたらきだろう。
 この両極のうちどちらかが根本からすぐれているというわけではなく、単にばあいによって中道さがのぞまれるのだろう。政治的には、大商業地に基盤をおく政治家は労働価値の搾取説をもとでに勝手を信じ、ほかの地の者はそれをふくめた徴税財政からの調整による福祉を信じる、たがいに自己本位な傾向がある。が止揚した巨視的な観点からは、中道しかない。その両極からのかけひきが国家の単位であり、対外関係のもとに可変的な状況が現代のこの社会だろう。
[PR]

by smartestone | 2012-09-20 14:30 | 学術論 | Trackback | Comments(0)

新大久保の本質

今日づけの茨城新聞で、さも新大久保という東京・新宿の街がいいかの様に書いてあるが、すぐとなりの悪所に住み着いた外国人労働者らが定着した事実上の貧民窟でしかない。整形手術している人間が余計に多いのも同じ理由が重ねてある筈だ。

 韓国本国にもいろいろな場所があるだろう。しかし新大久保は韓国本国と比べても風紀の劣る場所に違いない。もとから、新宿区は日本でもっとも犯罪発生率の高い東京で、さらに突出して犯罪率が高い場所だ。

犯罪発生率TOPの都道府県 -- 多くの指標で東京都が1位か2位 
http://www.best-worst.net/news_3CnH8Ra0M.html


警視庁 犯罪発生状況 -- 平成24年度新宿区が都内最大 
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/keiho/pdf/keiho.pdf


 韓国やその文化とは別に、そういった「真実」を教えないで、さもすぐれた場所であるかの様に書くのは報道として精確ではない。県内の子女に対しても誘因効果をもってしまい、決してよい教育効果はないだろう。
 茨城県のHIV感染者は、以下の資料からおそらく東京を経由してだろうやってくる「(同性愛者の)在日外国人たち」がおもたる原因である事実を重々考える必要がある。このためだけに人口あたりの患者数が不本意にも全国で2番目に多い限り、縁をちかくしていい場所ではない。というか、積極的に縁を切るべき場所だ。
http://todo-ran.com/t/kiji/11948
http://todo-ran.com/t/kiji/11673
http://passageiro.blog54.fc2.com/blog-entry-58.html


追記:また、
http://www.krnews.jp/sub_read.html?uid=2907 韓国HIV感染者 8,000人を超える
によると韓国人のHIV感染者は8,544人以上、男性は異性間性的接触が半分、女性は異性間のそれによるという。これまでにHIVの感染後エイズを発症し死亡した人の数は1,512人で、7,032人は生存している。韓国人はかれらの感染者数だけでみると、東京+大阪+神奈川+愛知+千葉よりも多いことになる。
人口比は49,779,000人*1)あたり8544人なので、0.01716...%。ゆえ、韓国人の1万人に2人以上はHIV感染していることになる。これは新大久保付近にすんでいる在日韓国人の割合ではよりたかまるだろう。
*1) http://www.google.co.jp/publicdata/explore?ds=d5bncppjof8f9_&met_y=sp_pop_totl&idim=country:KOR&dl=ja&hl=ja&q=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8F%A3
[PR]

by smartestone | 2012-09-18 11:37 | 政治論 | Trackback | Comments(0)

森田一義独裁者による県出身者への犯罪

今日2012年9月13日の「笑っていいとも」でピース綾部氏は、タモリら出演者から集団で名誉毀損罪をこうむっていた。

 かれは吉本興業に入って喜劇役者、entertainerのみちをえらんだのはえらんだのだろうが、ああいう犯罪にまきこまれそうならすぐその場を退出した方がいいのではないか。生放送だろうと犯罪はゆるされない。仕事だからとおもって我慢したのかもしれないが、あれはタモリらによる明白な集団犯罪だ。こどもの模範にならないのはいうまでもない。
 観察した結果、タモリは自身の司会者の座がおびやかされそうな実力者を恣意的に排除しようとしたのだろう。犠牲の悲劇。いわばあの番組で森田一義という独裁者の悪巧み、悪業によって平日の昼間から公然と名誉毀損罪を放映して、その偏見にみちた悪評を正当化し、自身の地位の保全のためだけに綾部氏への公的評価をおとしめようとしたはずだ。
 ちかいうちにタモリが起訴されるか、番組を降板させられることになるだろう。あまりにひどかった。ピース綾部氏は最大限同情されるべきだ。それほど適当とはおもえない悪い評価をあえてしている視聴者も人間としてまずまっとうではない悪意をもった嫉妬深い人々だろうし、性悪、陰険、悪質な小人といったところで、相手どる方がおろかだ。

 古河はウィキペディア経由の風説によると東京を向いている様でもあり、じもととしては水戸方面からの忠告やてだすけはいらないのかもしれないが。県の反対側の人間としても、全般的に綾部氏への対応を世間はまちがっているなとみえる。かれは好色者かもしれないが明るく根はいい人間なので、その性格の純真さを自信ととりちがえて天狗天狗と衆愚は誹謗するのではなく、一座のリーダーとして立てておけば仲間の内を特有の社交性でうまくきりもりできるのだ。その能力を嫉妬から殺しているひとたちは、自分たちが貴重な人材を適所につけず、結果、集団が損をするのにきづかない。またそういった統率力のある位置がかれの能力をもっともいかしやすい場なので、かれは困難があるにもかかわらずあえてそういった社交性のたかい仲間のうちへはいっていくのだろう。
 それが客観的には、単なる悪条件へ果敢にはいっていくハンディキャップにみえるわけだ。

 ピース綾部氏への世論のおおよそをみていると、今現在、日本国民の大勢は堕落していてそこから評価されるということもよい意味をもっていないだろう。「邦無道」だ。単純にnet上は名誉毀損罪にみちていて、匿名掲示板でみられる様に品性下劣で悪質なほど嫉妬を買いにくく名誉毀損されにくい様だし、そういったNazism的に団塊化している衆愚世間をわたっていく方向に入っているピース綾部氏の役者としての将来というのも、はためには憂うべきか。そういった悪質な性格者や無理解者ばかりの人気稼業でなんとかやっていくのはむずかしいばかりか、実際、悲惨だろうから。
 かれへの世間の勘違いした誹謗をみていると、天狗党の乱をおもいだせる。あれもおなじく、堕落した世界にくらべれば純真すぎる善意にみちた人間が、もっと退廃しきった俗物だらけ、陰険で悪質な人間だらけの江戸以南以西へくりだしていった結果こうむった悲劇だったろう。

 綾部氏のもっている能力、つまり仲間をまとめる能力からいえばおそらく芸能界で大成するはずだが、それ以前に、森田一義容疑者みたいに陰険で嫉妬深く若者へ害をあたえる年寄りから排除されてしまうとうまくいかなくなってしまうかもしれない。たとえ何年間芸能界にいようと、どれほどまわりから持ち上げられていようと犯罪行為を公然と昼間から自身の番組で全国放映するのはゆるされない。
[PR]

by smartestone | 2012-09-13 14:21 | 経済論 | Trackback | Comments(0)