トップ

<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


スカートのつかわれかたからみた服装様式と文化の関係

 女性がスカートをはく、という生活形態はイングランドから流行としてやってきて、日本の中学生や高校生の制服にとりこまれて定着してしまったが、かならずしも普遍的ではない、とケルト文化のキルトスカートが男性にもはかれること、そもそも日本にはスカートという物体がなかったことなどがしらせる。睾丸の外部化が精巣を冷却化する為だったという系統発生の説をかえりみると、その文脈のうえではだが単に機能面からみればもともと男性がはいてしかるべきしろものとさえいえなくもない。

 おそらく、日本では他国とくらべて女性の貞操観念が必要以上にうすまって、誘惑的な服装をする、という決して保守的とはいえない風習がひろまってしまったとおもえる。
 貞操あるいは純潔は男女とわずもともと結婚契約を履行させる信念なので、この内的信念がうすまれば当然、離婚率もあがるはず。中世の民族衣装に、儒教圏で共通してみられる女性の第二次性徴をかくそうとする様式は、この結婚契約への封建制度内での適応化がみちびいたかもしれない。

 対照できる男性の服装がネクタイというそれなりに機能を逸脱しているかわった部分をもつことをのぞけば、男装そのものには歴史の推移でもそれほど極端な変形がない様にみえる。男性にとってむしろおどろくべきなのはかみがたがおおきく変化してきたことかとおもう。もともとは男性社会にとって機能をもつすがたにしようとすることが極端にすすむと、戦場でかぶとをかぶるためにあたまをそりあげたところからくるのだろうちょんまげの様な風習もでてくる。ネクタイがへそのあたりまで無用にながいという無駄でかわった点は、くびにまくおび、というtieのもつ忠誠的な意味を紳士社会で延長させた象徴化なのかもしれない。Informalなせきでのネクタイをはずすことがもつ社会的な意味をかんがみると。

 逆選択が女性の服装へかなりつよくはたらいているのがあきらかで、スカートというものも機能性をそれて単に誘惑以外の意味はなさそうな状態が慣習化されてしまっているところに、現代人類の一個の社会がおかれたある特殊な条件がありそう。つまり少子化という、一般の高貴化に由来した結婚可能性の減退が、そのまま女性にとっての過度の誘惑の必要をよんだのだろう。スカートをはいたことのない女性がいるとすれば、こういった社会風潮から超然としていられるあかしになるが、すくなくとも日本ではほとんど例外もないのではないか。よりながいめでみると、この風習のなかから異性への身体的な誘惑というかなり原始的な方法でいきのこってくる女性の形質はそうでない条件にあるより貞操観念がうすくなっているだろう。いわば、liberalismという状態がそれをつくりだしたのだ。それでも結婚契約の保守的妥当性はつづくだろうから、こういった貞操のないひとびとと、純潔のある安定した家庭をもつひとびととのあいだには、それなりにうめがたいさができるだろう。この2つの社会階層的すみわけは、高貴化、gentrificationの一般的結果とかなう。

 端的にいえば、先進国内では離婚率のたかい不安定で相対的にまずしげな社会と、それがひくく安定かつゆたかな社会とに純潔への価値観でわかれゆく途上にある。このうち、女性のスカートという服装はそのたけという部位をふくめそれが誘惑というもとの衣服としての機能なはず身体保護から逸脱した役割をもちいている分だけ特殊で、逆選択的に貞操観念のうすい人間が早期に身体の媚態という原始的で不安定な性関係をもつ早熟な風潮をつくりだしやすいとおもわれ、結果、そうでない集団、特に第二次性徴をあえておおいかくすtypeの服装をするひとびとにくらべればとみをたくわえる機会がそれだけへるだろう。
 おおまかにこの2つのかたを、誘惑型女装と貞操型女装とする。
 この誘惑型女装の系にあるひとびとは、まずしいかわりに早熟なだけかずがおおい傾向がつよくなるはずだ。いわばreproduce strategicな経過をとる。対して貞操型女装の系はKapacity strategicにゆたかでかずのすくない高貴化をへるだろう。この階層性は、現に義務教育から初期高等教育levelの子社会でもみることができる。高学歴にすすむ者は比較的に高貴化しやすく、あまり学力がないひとびとは早期の就業や早期に校内での配偶選択的恋愛行動がみられる。おみあいという日本独特の制度は武家が将軍へのうかがいなしに藩のあいだのむすびつきをさけるためだろう勝手な結婚を禁じた家康発の武家諸法度に直接のちなみがあるとおもわれるが、いいなづけといったそういった配偶の計画性から展開したとかんがえられる風習が封建社会では世界各国でかなりみうけられるから、これも高貴化によってきたものだろう。

 高貴化は先進国内での社会風潮化された流行で、かならずしも永遠とはいえない。しかし、早熟そのものには子のかずや不安定な家庭条件からくるまずしさという不可避の欠点もつきまとうだろう。人類の一部という単位でみると、総じて絶滅への衰退をさける範囲で徐々に高貴化しようとするのが大体のながれといえるだろう。当時の服装、つまり流行の様式はそういった社会風潮を、さらにおのおのの社会階層が要請されている機能を強化cycleにのせる様に特定のみためで強調し、象徴化する側面があるらしい。
[PR]

by smartestone | 2012-10-28 22:17 | 学術 | Comments(0)

深海魚について

 海底魚の汚染レベルによっては、鮟鱇料理というものそのものをあきらめるしかないのではないか? もし安全ならばそれなりの科学的根拠を提出する方がかえっていい。なぜどういう理由でどのベクレル検出数値だから安全なのかを説明できる状態が必要だといえる。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2909413/9740186
福島沖の魚介類、放射性レベル下がらず 国際調査
2012年10月26日 18:23 発信地:ワシントンD.C./米国

【10月26日 AFP】福島沖で獲れた魚介類に含まれる放射性セシウムの濃度は、原発事故から1年半が経過した後も下がっていないと指摘する米ウッズホール海洋研究所(Woods Hole Oceanographic Institution、WHOI)の調査論文が25日、米科学誌「サイエンス(Science)」に掲載された。

 WHOIの海洋化学者、ケン・ブッセラー(Ken Buesseler)氏は、日本政府の公式データを基に、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の沖合いで獲れた魚介・海藻類の放射線レベルを調査。依然としてセシウム濃度が高い理由として、福島第1原発から低レベルの放射能漏れが起きているか、汚染物質が海底に堆積している可能性があると結論付けた。

 2011年から国際調査チームを率いて福島第1原発による放射能汚染状況を船で調査してきたブッセラー氏は、福島沖で獲れた魚介類の40%は日本政府の放射性セシウム基準値に照らして消費用として適さないと試算している。だが同氏はまた、時の経過とともに汚染状況がどのように変化していくかを予測するには、魚介類の調査だけでは不十分だとも指摘している。

「本当に必要なのは、福島沖でわれわれが目にしていること(魚介類の汚染)の原因となっているセシウムなどの放射性物質の出所や、汚染堆積物について、よりよく理解することだ」(ブッセラー氏)

 研究によると、検出されたセシウムの濃度は魚の種類によって異なるが、海底近くに生息するいわゆる底魚で最も高かった。また、汚染レベルに差はあっても、全ての魚介類でセシウム濃度は下がっていなかったという。

 一方、東北沖で獲れた魚介類の大半は、食べても心配のないレベルのセシウム濃度だったと研究チームは強調している。

 ブッセラー氏は東京大学(University of Tokyo)の植松光夫(Mitsuo Uematsu)教授とともに、11月12日から2日間の日程で都内で開かれるシンポジウムで今回の調査結果を発表する予定だ。(c)AFP

[PR]

by smartestone | 2012-10-27 02:47 | 経済 | Trackback | Comments(0)

純粋芸術について

 純粋芸術、音楽・絵画・彫刻・建築・詩歌といった部類に比べ、それ以外のジャンルが一段おとる、とみなされるわけは、この「基礎的芸術」の方がより普遍性をもっているからだろう。

 うた、というものをかんがえると、これをひとまえで披露したとき、感激をあたえるちからはおそらくほぼ全人類にわたる。しかし、アニメーションとか歌劇とかその中間さをもつものにこれがかわると、かならずしも全員につたわるとはいえなくなる。それは形式が複雑すぎて、前提知識が必要になったり複数の感覚機能を同時にはたらかせねばならなかったりで、だれもにわかりやすいかたちではなくなるからだ。
 特に純粋芸術のなかで複雑なのは詩歌、といえる。これは西洋語ではpoetry、つまりギリシア語由来のpoiesis(つくること)からくる詩劇を意味している。ここから派生して、音楽とまざった歌曲や、文芸とまざった詩というものが生じた。また演劇ともざって歌劇になったり、歌の意味を問う謡曲や、韻文をかきつけた歌詞、話芸としての講談や寄席などの中間的派生物がでてくる。
 いいかえると、古代の西洋圏では詩歌と「演劇」はひとつだった。
 東洋版だと、歴史書にみられる実話のなにかを作り話にかえる歴史小説から派生して、様々な物語ができてきた。今日でも文学や文芸という語にこの意味がある。そして演劇の台本がわりにもちいられ、映画やテレビドラマなどになっていく。つまり戯曲としてのはたらきが物語に付与されたわけだ。漫画やテレビゲームなどもこの物語というつくりばなしのしかたをまねている、といえる。

 この洋の東西のながれをみかえすと、うた、としての詩歌がもっとも原理的なものだ、とみなせる。このうたは歌曲としてはたらくばあいもある。演劇の描写としてはたらくばあいもある。ことばのみをつかった芸術といえるだろう。記録されかたとして、実際に声にだしてうたわれた場合もあれば、単に文になってのこされたばあいもある。

 人類が社会をきずき文明化をはじめてから、この純粋芸術的な活動はそれほどうきしずみがない。ほかには沢山の中間的な活動がうみだされたが、古代人にも純粋芸術がみられたし、現代にもみられる。これらは人類が生活している場所ではまずどこでも通用しているわざで、媒体形式が単純であるためにひろくつたわりやすいのだろう。
 科学や哲学といった学問の分野は、このことばによる記録が派生してできてきた特定の随筆的文である点で、散文にはいる。うたにはおおまかに声にだしてよむための韻文と、黙読にむいている散文があるが、この後者だ。

 演劇という分野が純粋芸術であるかは、あまりとわれていない。これは、「芸術活動」は総合的にみると、個々人の人生を舞台としていろどるものだから、といえそうだ。演劇という芸術行為は、そもそも役者としての個々人の人生に依存しているから、とわれるまでもないともいえる。演劇の純粋さは歴史のなかでは個人の主人公さとしてしか発揮されない様にみえる。
[PR]

by smartestone | 2012-10-26 20:41 | 学術 | Trackback | Comments(0)

歩道の計画

 磯原中央公園の川沿いから、鉄道のしたをくぐって、図書館のよこをとおり国道をよこぎり、天妃山と野口雨情生家をとおり、雨情記念館をとおり、磯原海岸をとおり、二つ島のまえをとおり、大津港をすぎて、五浦美術館までつらなる透水性の歩道を、途中が多少せまいものでも整備すれば、市内の回遊にとって好都合ではないかと思う。全体として散歩に好都合で息抜きのできる、ゆたかな景勝のみられる路程になる。
[PR]

by smartestone | 2012-10-23 07:38 | 政治 | Comments(0)

朝鮮学校の位置づけについて

http://synodos.livedoor.biz/archives/1929030.html
朝鮮学校「無償化」除外問題Q&A 金明秀

 このページでは、水戸市議会が北朝鮮拉致問題とからめて朝鮮学校へ判断した無償化の否決的態度は、単なる「人種・民族少数派」への差別に該当している、という見解がみられる。

 水戸市の内政の問題かもしれないが、知識としてはどちらもそれなりの言い分がある。
 自分の意見としては、もし外国人学校的な私学が文科省の方針を採用していないとき、ここに「公費」というものを適用するのはまちがっている。公的利益は正義を以下に引用した類型のうち特に格差原理にたくしているはずだから、この人種・民族minorityの権利は本来保証されるべきといえるが、公費は全体の利益をめざすものだから、「部分の奉仕者」としてはあつかえない。いいかえると、公的利益つまり福祉の最大化をめざす文科省の方針を採用しているばあい、朝鮮学校には公費をつかってもかまわないことになる。
 ただ、この観点は私学にもかよいにくい経済条件下にある人種・民族minorityにとってきびしいという意味ではこころがせまい、とうけとれる部分もあるから、よく議論をかさねて次善の策をとっていく必要もあるとおもわれる。はじめはごく少数だったゲルマン傭兵が西ローマ帝国を瓦解させた例もあるわけで、水戸市の現状の方針のなか、文部科学省的方針の採用をその学校の法とするか、がむしろ主題になるかとおもえる。

ロールズ、正義の原理
 第一原理
各人は基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない。
 第二原理
社会的・経済的不平等は次の二条件を満たすものでなければならない。
1. それらの不平等がもっとも不遇な立場にある人の利益を最大にすること。(格差原理)
2. 公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位に付随するものでしかないこと。(機会均等原理)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

[PR]

by smartestone | 2012-10-15 14:03 | 政治 | Trackback | Comments(0)

万引き認知件数の分析

 万引き認知件数は、値切り的な風習が寧ろ掛け値を抑制、万引きをへらす効果をもつ可能性を示唆してる。大阪では商人が多いはずだから、万引きをする側の人間をみつけても通報をしないという同情的な世論があるのでなければ、余計そうなる。香川県では大型店だらけという環境にくわえ、通報体制がととのっている事が不自然なくらい偏差値をひきあげているらしい。
他県では万引を通報すると警察に直接被害届を出しに行く必要があり、調書作成に何時間も拘束されるケースも。店の負担が大きく「わざわざ通報しなくても…」となりがちという。その点、香川は通報があれば警察官が店まで出向き、店舗管理者から委任された保安係らの書類作成も認めている。店にとって通報しやすい環境が認知件数を押し上げている側面もあるようだ。
四国新聞社:万引き多発県・香川
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/497/

 いいかえれば、万引きをへらすには掛け値をしない事をあえて客へしめすうりかたをするか、小型店舗でめのとどきやすい状態にする、あるいは実際に競り市でおこなわれる様な値切りという風習がもしかすると効果的なのかもしれない。


順位 都道府県 認知件数 人口1万あたり認知件数 偏差値
1香川県1,674件16.76件78.83
2東京都19,033件14.79件68.61
3兵庫県8,080件14.47件66.95
4京都府3,571件13.62件62.52
5岡山県2,644件13.61件62.49
6栃木県2,680件13.36件61.17
7千葉県8,197件13.35件61.13
8茨城県3,944件13.32件60.98
9鳥取県770件13.03件59.45
10愛媛県1,865件12.99件59.23
11福岡県6,551件12.96件59.11
12山口県1,773件12.19件55.06
13徳島県952件12.07件54.44
14長野県2,573件11.92件53.67
15三重県2,228件11.91件53.65
16島根県846件11.78件52.97
17高知県898件11.72件52.66
18新潟県2,784件11.71件52.57
19和歌山県1,169件11.64件52.24
20群馬県2,329件11.60件52.04
21岐阜県2,427件11.60件52.02
22山梨県998件11.51件51.55
23奈良県1,604件11.47件51.32
24福島県2,328件11.41件51.04
25埼玉県8,121件11.39件50.92
26広島県3,240件11.32件50.54
27青森県1,511件10.96件48.67
28神奈川県9,713件10.86件48.17
29愛知県7,901件10.65件47.08
30佐賀県895件10.50件46.32
31宮崎県1,168件10.32件45.35
32秋田県1,097件10.01件43.74
33沖縄県1,372件9.93件43.32
34長崎県1,412件9.87件43.04
35静岡県3,742件9.87件43.01
36滋賀県1,377件9.80件42.66
37宮城県2,244件9.61件41.65
38山形県1,130件9.58件41.54
39熊本県1,720件9.48件41.00
40福井県743件9.20件39.51
41富山県1,003件9.16件39.33
42北海道5,015件9.11件39.05
43石川県1,055件9.06件38.79
44岩手県1,082件8.07件33.69
45鹿児島県1,359件7.96件33.07
46大分県925件7.74件31.95
47大阪府6,802件7.73件31.89
万引き認知件数
データ出典 警察庁 犯罪統計資料 2006年~2010年
http://todo-ran.com/t/kiji/13999

[PR]

by smartestone | 2012-10-14 22:35 | 経済 | Trackback | Comments(0)

ゆるキャラ悪風の忌避

 市役所がゆるキャラとか募集しだしているが、防衛に集中するのが政府第一の仕事だ。やめてほしい。明日にでも朝鮮兵・中国兵に攻め込まれたら、ゆるキャラで首をはねられておわりになるつもりだろうか。まともな武器と構成をもつ自警団の費用にする方がよほどまし。
 もし費用があまっているのなら、防災庁舎を高台に建設するなり、消防を移動させるなり、新規に耐震化を十分にした学校をつくりなおすなり、おとなの仕事をきちんとやってほしい。市役所員や市長が耄碌しているのなら、むしろ市民がはやく、狂った使い物にならない市役所を改造させねばならない。いくらなんでも商業主義的なかずかずの愚行のうち、もっとも恥ずかしい幼児退行のまねをするのはやりすぎ。わるふざけしている人間にはばちがあたるにちがいない。みなが悪風にのまれているからといって赤信号を渡る市長や市役所員は、はやくまちがった職、仕事を退任してもらわないと将来的に市民全員が征服者に殺されることによって滅亡するかもしれない。過去の人類史みてればこれはあながち極端な説ともいいきれない。
 武家の教訓として「先憂後楽」を忘れるべきではないだろう。平時にあって戦時を忘れない事、治に居て乱に備えよもそれに入る。
 おそらくだが、この偶像礼拝的悪習をはじめた第一人者として彦根市があるのかもしれない。だが、天罰はまちがいなくその市をおそうだろう。無益な風習をするほど、経済損失はふくらむから。

仲尼曰く、始めて俑を作る者、其れ後無らんかと。:『孟子』孟子 梁惠王上
→仲尼がのたまうに、はじめて俑(ヨウ:にせもののひとがたの像)をつくる者、その子孫は絶たれるであろう、と。
(偶像で殉死の風習のはじまりを作る結果になる、という意味。)
http://www.kokin.rr-livelife.net/koto/koto_yo/koto_yo_1.html

孔子、芻霊を為る者を善しと謂ひ、俑を為る者を不仁と謂ふ。:『礼記』戴聖 檀弓下
→孔子はいう、本物の人には似ていないわらの形ならばよいが、人にそっくりの人形では仁でないという。
(これも偶像の埋葬でいずれ人の殉死の風習を起こしかねない事から、偶像の禁止をいう文言。)
http://www.kokin.rr-livelife.net/classic/classic_oriental/classic_oriental_255.html

あなたは自分のために刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水の中にあるものの、どのような形をも造ってはならない。:『聖書』申命記5:8
(前後の文脈から、神以外のものを信仰する事の危険を警告する内容。神というのは「信のミーム」ともいいかえられるから、それ以外のすべての物のうしなわれやすさ、信仰の前でのにせものさをいいあてているとおもわれる。聖書の中では人は神の似姿ということになっているので、人型の人形、つまり偶像でもおなじことになる。)
http://ja.wikisource.org/wiki/%E7%94%B3%E5%91%BD%E8%A8%98%28%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3%29#.E7.AC.AC5.E7.AB.A0


 もし芸術によってこころの慰めを得たいのならば、音楽・詩歌・建築美術などまっとうな純粋芸術を奨励するべき。環境の中で劇作の背景と化し偶像礼拝にあたらないそれらは、人類が悪徳とはみなしてこなかったばかりか人々の心情を鼓舞するよい効果をもつとかんがえられてきた。
[PR]

by smartestone | 2012-10-06 20:27 | 政治 | Trackback | Comments(0)

クール茨城活動

Cool茨城(格好いい茨城)のコンセプトで、ブリタニア(UK)や韓国がやってきた事、日本政府の単位でやろうとしている事をさきどりすべきだ。
 魅力度を上げる事も多少あれともなうかもしれず、県単位での「芸術活動の奨励」はくにのanti agingをかねた公共投資になる。この為に予算を十分確保すればいい。
[PR]

by smartestone | 2012-10-06 17:29 | 政治 | Trackback | Comments(0)

茨城五輪の誘致策

オリンピックを茨城県が主体となって誘致すべきだ。
 東京都は既に尖閣問題で敗北したので、その成果を被災地でもある茨城県で代替すればいい。

http://kamomenome.exblog.jp/16731240/ 国々の2種類の特徴
にしめしたとおり、五輪開催によって最上位まで魅力度があがる可能性がたかい。
[PR]

by smartestone | 2012-10-04 06:57 | 政治 | Trackback | Comments(0)

除染方法の示唆

・低濃度汚染地域の表層土を削り取り、それを高濃度汚染地域の汚染土の上に覆い被せる。
・高濃度汚染地域にナタネやトウモロコシを植え、バイオディーゼルやバイオマスエタノールを製造する。
・バイオ燃料製造でできる農業廃棄物をガス化して、発電の燃料とする。
・ガスに含まれるセシウム等の有害物質はゼオライトで分別吸着し、処分する。

ひまわりによる除染の問題点は
・福島原発事故による土壌の放射能汚染のほとんどは、表面数センチメートルの土に固着したセシウム134, 137によるもので、ヒマワリを植えるために土を掘り起こしてしまうと、セシウム134, 137を深く混ぜ込んでしまうことになる。
・ヒマワリの根が汚染さえた表層土壌に根を張るとは限らない。また、ヒマワリは、水耕栽培でもしない限り、セシウム134, 137をほとんど吸い上げない。菜の花も、1年間に吸い上げる放射能は土壌中の数%にすぎないが、農地の安全利用に対しては効果がある
・ヒマワリは大きく育つので、その処分が問題になる。ヒマワリにはリグニンが多く含まれるため、メタン菌による分解・発酵には向かない。焼却するには、放射性物質の拡散を防ぐために、焼却灰の処理が必要になる。

http://www.systemicsforum.com/ja/viewtopic.php?f=17&t=22 永井俊哉氏より。傍線筆者。
[PR]

by smartestone | 2012-10-02 00:52 | 経済 | Trackback | Comments(0)