トップ

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


原子力労働組合の必要

原発は費用高で夜間過剰電力をもたらす意味しかないから、自発的に再生可能エネルギー特需につないでいく県民行動をとる方がよい。つまりわたしたちは東海第二原発が原発を時代遅れの発電方式となしていくさきがけとなるべきで、即時廃炉を県民の方針にした方がいい。
 たとえば茨城県内では条例で各戸へソーラーパネルの設置を義務づけるか、国家的助成によって原子力発電と同等以上の余剰電力をうみだす、という方途がありえる。この方が将来性がある公共投資であり、なおかつ家庭用蓄電池普及とくみあわせて売電によって県民主体で利潤をあげることができるうえに、電力会社にとっても廃棄物処理問題がないだけ未来まで安定して採算のあう県内電力事情につなげられる。
 ここで東海村村民の生計のみちが課題になってくる。事実、日本原子力発電株式会社から買収され、被雇用者となっているひとたちは労働者として弱者のたちばにあるのだから、このひとたちの生計の権利がまもられねばならない。「原子力労働組合」をつくり、日本原子力発電をあいてに、廃炉と原子力依存からの脱却をかねて雇用の安定確保をたねに議論していくべきだ。このひとたちが原子力村、という曖昧な表現でなかばマスコミから敵視されかねないのはすべて勘違いで、かれらは実質、株主から犠牲になっている弱い立場の者であり、報道面からは大資本の悪と暴威、勝手きままに翻弄される存在として擁護されるべき存在といえる。

 もし原子力発電所の維持という国家的方針があったとして、これらのウラン燃料が原子力爆弾の原料として重要だという意図がわけとしてあるなら、その点をきちんとおおやけにすべきであり、ダーティボムの生産能力も同様に計画されるべき、といえる。なぜならそうすることで原子力発電所ではないかたちでウラン燃料を蓄蔵すること、あるいは使用済み核燃料を蓄蔵することを国民として公認のもと再計画できるみちもひらけるだろう。
[PR]

by smartestone | 2012-11-12 12:07 | 政治論 | Trackback | Comments(0)

POLAによる美肌ランキングの科学的分析

POLA化粧品の美肌県ランキングの分析。
http://www.pola.co.jp/special/bihadaken/

年間相対湿度(気象庁)
http://todo-ran.com/t/kiji/13690
で茨城は5位で、
納豆消費量(家計調査)は2位。
http://todo-ran.com/t/kiji/11483
且つ、女子小中学生体力テスト(全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果、2010年)は2位。(2013年度は茨城県が1位)
http://todo-ran.com/t/kiji/13471

大豆イソフラボンは女性ホルモンの同位体なのでこの消費によって当然肌に対して美化の効果があるはずだから、これらの指標をみてとるかぎり、美肌というPOLA化粧品の調査で最下位になるいわれは皆無といえる。
 いいかえると、POLAという株式会社は私企業なこともあり、なんらかの恣意的な調査結果をさも科学かの様にてらっている可能性が非常にたかい。さもなければ、なんらかの逆の事実をしめす指標があるはずだから。

 魅力度調査の実態もそうだが、こういった疑似科学的な統計がさまざまな公的ではない機関によって複数でてきているところに、国民は非常に注意がいる。ここにはなんらかの情報操作の意図がかくされているととらえるのが妥当で、科学的な厳密性とは無縁のものであるとかんがえるべきだ。

 POLA化粧品は売上高とも関係しているかもしれないが、水戸に美人がすくないという風評と歩調をあわせた結果を用意して俗の好奇に適合させた側面もかんがえられる。もともとのこの風評は、参勤交代の結果つくりあげられた東京商業社会での遊郭世界との対比として、都会の風俗にまみれて外面を飾るという面から俗化していない農村社会がはるかにおおかった常陸国の状態を俗塵目線で風刺したものとおもわれる。また、化粧は一般に素がよくないばあいにつかわれるものだから、株式会社としては売り上げの将来に期待がもてる場所へ宣伝の意図をもっている可能性が非常にたかい。
 現実には健康性の指標である肌の状態は、上述の指標にみられるとおり茨城の方が東京よりもよいととらえるのが自然だ。具体的に対比すると、

年間相対湿度(気象庁) 茨城5位 東京47位
納豆消費量(家計調査) 茨城2位 東京20位
女子小中学生体力テスト(全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果) 茨城2位 東京40位

あきらかに女性の健康性をしめすはずこれらの統計値とはおおはばにちがう指標であるということは、「茨城県では健康な女性が化粧をしない」という端的な事実をしめす。どちらかといえば、これは化粧という男性の目を健康性とは真逆の技術であざむく決してよい風習とはいえないものをしりぞけている点で醇風美俗にちがいない。よって同美肌ランキングなる指標は、むしろこれとは逆のうまれつきの健康性を化粧でもってあざむこうとする勘違いしたおろかさ、もっといえば醜悪卑俗の指標であるといえる。たとえば茨城同様の類型として女子小中学生体力テストで1位、同指標で44位の福井県がある。
 それとは逆に東京をふくめ、POLA化粧品をつかっているたぐいのひとびとにとって、あきらかにその上位県である島根、山梨、高知、(東京8位)、といった都道府県は、「化粧品をつかう必要のないひとびとまで化粧をする」、といういわば都会ずれした低俗な風習、もっといえば悪い風俗がPOLA化粧品使用者層にあるととらえるのが自然だ。

 これらの指標を誤解をあたえる様な美肌、ということばでいいあらわそうとしている点に株式会社たるPOLA化粧品のあざむきと、統計学的無理解性がある。
[PR]

by smartestone | 2012-11-10 07:42 | 学術論 | Trackback | Comments(1)