トップ

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


水戸遷都

 水戸を首都とし、東京都から皇居を移動させ、東海第二原発は廃炉とし、東京から政治機能を奪い、水戸を中心とした政治社会から分離すべきである。
 あと20年程度で、この計画を実現後完了させるべきだ。
 偕楽園に皇居を付属させると同時に拡張し、世界最大の都市庭園として偕楽園皇居とする。江戸城跡は一般公開の公園とし、宮内庁並びに官公庁は水戸市辺へ新設する。霞ヶ関は老朽化しているので、順次撤廃とし、たてものならびに跡地はたかねでうりだせば経費をまかなえる。これにともない、東電と日本原電は解体、原発撤廃を原則として東海第二・福島原発を廃炉とし、新潟原発は自治体の決定にかかわらず廃止後、売却とする。そして放射性廃棄物の最終処分場は、めのとどく東京都内の高尾山に決定すべきである。
[PR]

by smartestone | 2013-09-28 09:10 | 政治論 | Comments(0)

人事を尽くして天命を待つ

 本県の魅力度については、わたしはもてるちからのすべてをつくして向上させようとしてきているので、もうあとできることといえば、かみにいのること以外ない。
 おそらく、茨城県のよさを理解していない県外の人間が、このもっとも品位のたかい県を誤解した結果、かれら自身に最大の損害をえることになる。よきひとをおとしめるものが地獄にたどりつく様に、うつくしい県をそしるものはもっとも悲惨な結果をえるだろう。
 また、君子はひとのおのれをしらざるをうれえず、と孔子はいう。茨城県民は、「他県をしる」様につとめればよく、宣伝はかえってしない方が徳がたかいといえよう。東京都民は、てにはいらないいなかぐらしをそしるきつねの様な存在であり、とおからず自滅のみちをたどるだろう。
[PR]

by smartestone | 2013-09-27 14:21 | 経済論 | Comments(0)

最終処分場一括化の方法

 ある大臣秘書に聞いたことによれば、経産省に頼む、陳情書でよい。書式については、出す部署に聞くしかない。経産省の代表に電話して、要件話すと担当部署につなげてくれる。そこで全部聞いたらいい。
[PR]

by smartestone | 2013-09-07 09:16 | 政治論 | Trackback | Comments(0)